2004年10月08日

メディア情報学で発表

先生が担当している,メディア情報学とかいういかがわしい名前の講義でプレゼンをした.新しめの論文が一つ割り当てられて,その内容を紹介するというもの.今年から先生の意向で,できるだけ活発に議論をして,研究の発展・応用・改良などアイデアをだしあおうということに.

僕はトップバッターだったので,せっかくだからこの間読んだIDEOの本からブレストのコツについて簡単に紹介した.僕の発表自体はあいかわらずへたくそだったけど,場が結構盛り上がってたのでよかったことにしよう.


以下,本から抜粋したブレインストーミングの秘訣.

よりよいブレインストーミングのための七つの秘訣


  1. 焦点を明確にする

  2. 遊び心のあるルール


    • 思い切ったアイデアをどんどんだそう

    • 量をねらえ

    • ビジュアルに表現しよう


  3. アイデアを数える

    • 部屋をでるまでに100のアイデアを見つけ出そう

  4. 力を蓄積し,ジャンプする

  5. 場所は記憶を呼び覚ます

  6. 精神の筋肉をストレッチする

  7. 身体を使う

ブレインストーミングを台無しにする六つの落とし穴


  1. 上司が最初に発言する

  2. 全員に必ず順番がまわってくる

  3. エキスパート以外立ち入り禁止

  4. 社外で行う

  5. ばかげたものを否定する

    • No “buts,” only “ands.”

  6. すべてを書き留める

本の見出しそのままなので,これだけだとよくわからないのも多いな….詳しくは本を参照ということで.