単一イメージにインタラクティブに動きを付加するインタフェース

寺本 興英(東京大学)、朴 仁圭(仁荷大学)、五十嵐 健夫(東京大学)




Teaser image





・概要
 本稿では、与えられた一枚の静止画に対して、ユーザからの簡単なヒントによって、漫画で表現されるような動きの情報を付加するための手法について提案する。
 本システムでは、ユーザはまず動きを付加したい部分(前景)とそうでない部分(背景)の切り離しを行う。次に切り離した領域に対してドラッグ操作によって動きの方向を与えることで、システムが計算をして前景に対してはゴーストやスピード線などの効果の追加を、背景に対しては方向性を持ったブレの発生を行うことができる。
 本システムの有用性を確認するため、我々はユーザテストを行いPhotoshopとの比較を行った。




・発表文献
 寺本 興英, 朴 仁圭, 五十嵐 健夫, "単一イメージにインタラクティブに動きを付加するインタフェース", Visual Computing 2009(link) ポスター発表(PDF, Poster)




・プログラム
 残像くん
 マニュアル


もどる