リアルタイム録画における2物体の動きの同期手法






Abstract:
In this paper, we present motion synchronization method for animation design by real-time recording. Real-time recording method records the user operation to create an animation. This method is so simple that beginner can also create animations easily. However, it is hard to get the desirable timing when characters interact to each other. We propose two methods to address this problem. The rst one is a new system for motion synchronization by using two-handed input device. In this method, when user inputs motion path that related to each other, our system uses de ned motion path as time line, and then the operator traces the trajectory by one hand and decides new motion path by another hand. The second one is an automatic timing adjustment method. This method displaces the timing of de ned motion path and adjusts it for the best interaction of each animation character. More speci cally, our system estimates the characteristic points from motion path that user decided, and adjusts each characters' temporally near frames to same time step. Finally, we report the results of the user test for each method.

論文要旨:
本論文で、我々はリアルタイムの録画によるアニメーション製作を対象とした動きの同 期手法について提案する。リアルタイムの録画、すなわちユーザが動画内の複数のオブジェ クトを操作し、その動きを実時間で記録するというアニメーション製作手法は非常にシン プルで初心者でも簡単にアニメーション製作が可能になる反面、動画内でキャラクター同 士がぶつかる際のタイミングを上手に取るのが難しいという欠点がある。この問題を解決 するために、本論文では2つの手法を紹介する。1つ目は両手デバイスを用いた動きの同 期手法である。本手法では互いに関連性のある物体の動きを入力する際に、既に動きが決 まっている物体の軌跡をタイムラインとして利用し、ユーザは片方のマウスで軌跡をなぞ りながらもう片方のマウスで新しい物体の軌跡を決定する。2つ目はアニメーションのタ イミングを自動的に調節する方法である。本手法では決定された軌跡のタイミングを前後 にずらすことによってアニメーション内でのキャラクター同士のインタラクションが適切 に行われるよう調節をする。具体的にはユーザが入力した軌跡を元に動きの中の特徴的な 箇所を推定し、各キャラクター間で時間的に近いもの同士があればそれらを同じタイムス テップになるようにフレームの調節を行う。最後に我々は各手法についてユーザテストを 行い、その実効性について評価した。


東京大学大学院
修士論文

参考:
両手デバイスを用いた2物体の動きの同期手法[link]


もどる