製作物

KINECTを使って頭の動きにより効果音を鳴らすインターフェイス
"A Head-Banging Interface to Trigger Sound Materials by KINECT"

動画

概要

KINECTのデプスカメラとスケルトン機能を使って頭と胴体の角度を測ることで、ユーザーが首を振るのを認識し、効果音をトリガーしています。
両手がふさがっているシチュエーションでも、頭を動かすだけで、リズムに合わせて音を鳴らせるというメリットがあります。
PDFダウンロード

参考資料

使用したライブラリやチュートリアル