サーベイ日記

Kenji Hara
[Table of Contents] [Index] [携帯版]

その他
  • Survey of Context-Aware Home pdf
  • 顔向き pdf
  • 背景差分 pdf
  • Fine Skin Detection pdf
  • Statistical Color Models with Application to Skin Detection pdf
  • Sigal. Skin Detection pdf

信頼形成時のメディア比較
  • "Effects of Four Computer-Mediated Communications Channels on Trust Development"
  • [pdf] Nathan Bos et al. (University of Michigan)
  • CMCにおいて、利用するメディアによって、信頼の形成がどう異なるかを調査
  • 以下の4種類で比較
    • Face-to-face chat
    • Video chat
    • Audio chat
    • Text chat
  • FTF, Video, Audioはどれもいい結果だったが、後2者では、 “delayed trust”, “fragile trust”現象が見られた
    • delayed trustはグラフが右肩上がりになること
    • fragile trustはグラフに窪みができること
  • DaytraderというSocial dilemma gameで実験
    • 3人組 (66組)
    • 一回のゲームで、手持ちの30トークンを賭ける
      • 自分に投資 … 2倍のトークンを得る
      • チームに投資 … チーム合計のトークンx3を等分する
    • 5回で1セット
      • そのセットの最上位者が90トークンを得る … 競争をあおる
      • セットの合間に、決められたメディアで話し合う
  • 対面販売がやはり一番よさそう
  • Video等の工夫でどれだけ補えるか … どうテスト?

Notification Collage
  • CSCW2000, M.Roundings [pdf]
  • CHI2001, S.Greenberg [pdf]

EffecTV
  • Entertainment Computing 2003, 福地健太郎 [pdf]

Outeraction
  • IMユーザテスト
    • Outeractionのメディア選択・使用への影響を分析

Instant Messenger Visualization
  • 2001, C.Neustaedter, Univ of Calgary [pdf]
  • メッセンジャの状態を表すキャラがつまらん
    • あらかじめ用意した静止画を利用
  • 静止画をスペースに配置

Montage
  • CHI1994, C.Tang, [pdf]
  • Teleproximity を実現したい

Hubbub
  • CHI2002, Ellen Isaacs , AT&T [pdf]
  • 音でアウェアネスが伝わったというユーザテスト論文。

Awareness Map
  • CHI2003, Gross [pdf]
  • PeopleMap と DocumentMap で Shared Workspace を支援
  • PeopleMap
  • DocumentMap
    • TreeMap

AROMA
  • CHI 1998, , E.R.Pedersen, Palo Alto [pdf]
  • 動くオブジェクトを風船に、音をカモメにマッピング
    • light difference -> acceleration of balloons
    • level of sound -> number of seagulls
    • number of people -> number of balloons
  • 他にも
    • time spent in room -> size of balloon
    • history of visual activity -> balloon drifting towards busier, upper half of the display of quieter, lower part

Sensing Activity in Video Images
  • Alison Lee, CHI1997 [pdf]
  • 5分毎にキャプチャ
  • 変化量を計算してグラフ化
  • プライバシ派はグラフのみ表示

CoMedi
  • J.Coutaz etc, CHI1999 [pdf]
  • 全体カメラと部分カメラをアルファブレンドで重ね合わせ
  • Eigen Space Coding
    • 不適切な画像を切替(左)
    • 違う人になっちゃうことも…(右)

Privacy and Disruption Tradeoff
  • Hudson, CSCW1996 [pdf]
  • プライバシを考慮した4つの技術 (Shadow-View, Shared Audio, Synthetic Group-Photo, Recent History)
  • Shadow-View
    • 基本的に参照画像
      • アクティブエリア(前フレームとの差分)のみ輝度を3/4にして表示
        • エリアの単位は8x8
        • アクティブでない場合は次第に元の輝度へ戻る
  • Synthetic Group-Photo
    • 顔を自動的に並べる
    • オンライン/オフライン情報を表示
    • よくつなぐ人は手前に大きく、ほとんどオフラインの人は奥に小さく配置
  • Recent History
    • 2分おきに1枚撮影
    • 動体検知
    • 20%以上が変化したら残す

Effect of Filtered Video
  • Boyle, CSCW2000 [pdf]
  • ビデオにおけるフィルタのユーザテスト
  • Introduction
    • IMより確かな情報を常時稼動カメラで得られる [2, 3, 6, 7, 8, 10, 12, 13, 14, 15]
    • プライバシと孤独感の問題あり [1, 2, 7, 8, 9, 12, 13, 15]
    • プライバシ解決の既存手法
      • モザイク [4, 8, 10, 12, 13, 15]
      • エッジ、ポスタリゼーション、ぼかし、venetian blind [4, 8, 12, 13, 15]
      • 影 [10]
      • Eigen [4]
  • ユーザテスト
    • モザイクとぼかしでそれぞれ9段階用意

Privacy protection by concealing persons in circumstantial video image
  • PUI2001, S.Tansuriyavong, Nagaoka Univ [pdf]
  • 入り口で顔認識
  • 追跡して人識別維持
  • 観察者は生、映される方はシルエット
  • バランス的にはシルエット&名前がベター

Visualizeing the Pulse of Classroom
  • Chen, Multimedia 2003 [pdf]
  • 身振り(body motion)、手振り(hand motion)、発言(speech activity)を教師に知らせる

Social Translucence
  • Erickson, Transaction of CHI 2000 [pdf]
  • 実世界の透明度がデジタル世界には存在しない

SocioBoard
  • 井上智雄, 神野敬行, 岡村拓朗, 岡田謙一, 緩やかな協調学習のためのネットワーク上での社会関係の構築, 情報処理学会論文誌, Vol.43, No.11, pp.3395-3406, 2002.
  • 掲示板を作って持論を展開
  • 学習には社会が不可欠

FlyCam
  • Multimedia 2000, Jonathan Foote, Palo Alto [pdf]
  • 複数のCCDを用いて360度パノラマビューを作成
  • 富士ゼロックスで既に商品化

Eigen-Space Coding as a Means to Support Privacy in Computer Mediated Communication
  • Interact 1997 [pdf]
  • 撮影した画像に近い画像を選んで送信

Distributed Meeting
  • Multimedia2002 [pdf]
  • 全方位カメラを利用

第三者の視点に基づくビデオ編集
  • Extended Abstract of CHI2004 [pdf]
  • 第三者の見ている人をつなぐことでうまいこと編集
  • 視点はWizard of Oz

Video Tooning
  • Jue Wang, etc. SIGGRAPH 2004 [pdf]
  • 時間軸をZ値としてボリューム扱いすることで境界分け

Creating Non-Photorealistic Images the Designer's Way
  • Nick Halper [pdf]
  • ノンフォトフィルタ効果を扱う場合のUI

Painterly Rendering for Video and Interaction
  • Aaron Hertzmann, Ken Perlin [pdf]
  • ソースのビデオで変化した部分だけ上書きするノンフォトレンダリング

横顔ビデオ対話
  • 久保田 秀和. 卒論 1998 [pdf]
  • 話したい人と隣同士に配置し、顔の向きを変えて仮想対面

GestureCam
  • pdf
  • カメラとレーザーポインタを持つGestureCamを遠隔から操作して実世界のオブジェクトを指定
  • 操作方法はビデオ参照

GestureMan
  • Hideaki Kuzuoka. CSCW2000

Gummi
  • pdf
  • 曲げられるコンピュータができたらなあという論文

Familiar Stranger
  • pdf
  • 自分に近い人が周りにいること・いないことを実感可能

IMユーザテスト
  • pdf
  • 同室/リモート > リモート/リモート
  • 新たなIMインタフェースを提案

Survey of AR

AVM
  • 西本卓也, 住吉悠希, 荒木雅弘, 親美康永: "非同期方音声会議システムAVMの設計と評価", 電子情報通信学会論文誌, Vol. J83-DII No.11, pp.2490-2497(2000)

Live Help System
  • Johan Aberg. Ph.D. Thesis 745, Department of Computer and Information Science, Linkopings universitet, 2002

Silhouette

Interactive Shadows
  • Kenneth P. Herdon UIST'92 [pdf]

Liveboard
  • Scott Elrod, et al. Xerox Palo Alto Research Center
  • [pdf]
  • 有名な協調作業用大画面システム

ブラウザの "進む" & "戻る" 評価
  • Michael Moyle, "The Design and Evaluation of a Flick Gesture for 'Back' and 'Forward' in Web Browsers" AUIC '03 [pdf]
    • 下のような Go & Back の評価
    • Back Button には Fitt's Law の問題がある
    • Marking Menuを利用


This page is generated by mtd2html.