おさらいとヒント

一般の関数に対する Newton 法は、関数 f(x) とその導関数 f'(x) が与えられたとき、その零点の近似値を次の式で更新していく。

従って、f(an) と 0 との誤差が 0.001 以下になるまで、順に an を求めていく補助再帰関数を定義し、適当な初期値をその補助関数に与えてやればよい。


一覧 前へ 次へ