GhostVision

Kenji Hara
[Table of Contents] [Index] [携帯版]

GhostVisionとは
  • USBカメラ等で撮影した入力画像に様々なフィルタをかけるためのプログラムです。あくまでフィルタ開発用のプロトタイプですのでその点を考慮した上でご利用ください。
  • ダウンロード → GhostVision.zip
  • GhostVisionはJMFを利用したJavaアプリケーションです

ポスター@WISS2004 デモ
ポスター全体

使い方
  • 起動方法(以下のどれか)
    • GhostVision.exeをダブルクリック(Windows)
    • コマンドラインから $ java -jar GhostVision.jar
  • キャプチャ方法
    • メニューから[キャプチャ]
    • 利用するフォーマットを選択
      • 画像のサイズなど
  • フィルタの使い方
    • モニタウィンドウの下にある[ビデオフィルタ]ボタンを押す
  • フィルタのコントロール法
    • 難しいですが、適当に使いこなして下さい。すみません
  • Webサーバとして画像を配信
    • モニタウィンドウの下にある[ライブ配信]ボタンを押す
    • 現れたWeb配信ウィンドウの上に書いてあるアドレスにアクセスするとライブ画像が見れます

開発の目的

テレビ電話で自分を写している時、相手が実際に映像のどのあたりを見ているかがわからないという不安を感じ、その不安を解消することはできないかと考え開発しました。

GhostVisionでは顔・背景・人影の表示を個別にコントロールすることで、相手が注視できる箇所を限定します。

注視可能な箇所が限定されれば見せるほうもそのつもりで写ることができ、効果的なコミュニケーションができるのではないかと考えています。



This page is generated by mtd2html.