た行

漫画名 作者名 寸評
タッチ あだち充 いわずもがなの国民的名作です。

もし読んでないなら一度は読め。

おすすめ度 ☆☆☆☆
七夕の国 岩明均 寄生獣の作者の久しぶりの連載作。役に立たない超能力を持つ主人公と消えた教授、そして田舎の殺人事件。全てが一本の線でつながる時、大きな恐怖が幕を開ける。

寄生獣があまりにも有名なのでこちらの作品は知らない人が多いけれどかなり面白いです。最初の謎が最後にきれいに解決される様は爽快です。寄生獣が好きな人なら是非おすすめ。

おすすめ度 ☆☆☆☆☆
ツルモク独身寮 窪ノ内英策 ツルモクという家具メーカーの独身寮に新たに入って
きた宮川正太をとりまく青春ストーリー。
青春とはいっても部屋や会社には個性的なキャラが
あふれておりどちらかというとギャグちっくな感じでも
あります。しかし読んだ後は良い爽快感がありました。
おすすめです。

おすすめ度 ☆☆☆☆☆
鉄コン筋クリート 松本大洋 シロとクロ、2人の主人公が対立する勢力と戦いながら縦横無尽に街をかけめぐる。

うーん、ちょっとわかりづらいかなぁ。

おすすめ度 ☆
電影少女 桂正和 一時期少年ジャンプでブームを起こした作品。もてない主人公はある日不思議なビデオ屋を発見する。借りたビデオからはなんと本物の女の子が飛び出してきた。

当時の小学生には微妙にエッチな描写がドキドキ。でもとにかく絵はうまいですね。意外と女性読者も多かったらしいです。ラストは結構感動します。

おすすめ度 ☆☆☆
TO-Y 上条敦 上条敦の代表作。バンドマン藤井冬威がスターへの階段をかけあがるストーリー。

ベストテンとかでてくる辺り時代を感じます。しかし絵がうまいなぁ、この人は。淡々としてますが味わい深いです。

おすすめ度 ☆☆☆
TOKYO TRIBE 2 井上三太 架空の街TOKYOを舞台にTRIBE(チーム)間で繰り広げられる抗争とそれに抗う主人公を描いたアクションストーリー。

一見軽い絵柄なのですが人の死に際がリアルで結構戦慄します。なんかすごいです。そういうのに弱い人は見ない方がいいかもしれないです。ドキドキしたい人は読みましょう。

おすすめ度 ☆☆☆